この記事の所要時間: 130

Mac標準のQuickTime Player

実際の操作方法を説明する場合、

文字で説明するよりも動画で説明した方が

わかりやすいことがあります。

また、文字より音声、音声より動画のほうがクオリティが高いと、

読者さんはパッと見で見なすケースが多いです。

 

Windowsでは、BB FlashBack ExpressやCamtasia Studio

という優れた動画キャプチャソフトがありますが、

Macでは、標準でインストールされているQuickTime Playerで

動画を撮ることができます。

QuickTime Playerの操作方法

 

QuickTime Playerを起動して、

ファイルから新規画面収録を選択します。

このようなウィンドウが表示されます。

真ん中にある赤いボタンの右にある矢印をクリックして、

内蔵マイクを選択します。

真ん中にある赤いボタンを押すと、

という表示が出るので、

画面の一部をキャプチャする場合は、ドラッグして、

収録を開始を押せば、収録が始まります。

全画面をキャプチャする場合は、

画面をクリックすると、収録が始まります。

終わりたい場合は、画面右上の

をクリックすれば収録は終了します。

YouTubeにアップロード

実際に動画を撮って、YouTubeにアップしてみました。

慣れてないので、緊張してしまいました(^^;)。