この記事の所要時間: 33

Googleは、検索アルゴリズムに対して

様々なアップデートを重ねることで、

質の高いWebページを検索結果の上位に表示し

検索者の元へ届けることを目的としてます。

Googleの検索アルゴリズムアップデートには

大小含め様々なものがありますが、

中でもパンダ・アップデートと

ペンギン・アップデートの2つのアップデートが有名です。

この2つのアップデートにより、

本来上位表示してはいけないサイトや、

質の低いサイトの検索順位を大幅に低下させたりします。

また、これらのアップデートは

常に更新されて精度が高まっていきます。

ペンギン・アップデート

 

ペンギン・アップデートとは

過剰なSEO対策を施したサイトの検索順位を落とすための施策です。

2012年の4月に日本に上陸し、

四半期に1回程度の頻度で行われ、

検索順位が大きく変動します。

ペンギン・アップデートは中でもスパム行為や、

ウェブマスター向けガイドラインに

著しく違反しているWebページに対して

検索結果の順位を下げるとされています。

ペンギン・アップデートで影響を受けやすいサイト

・過剰な被リンクのついた、明らかなSEO対策を施したサイト
・リンクファーム(SEO対策を目的として人為的に大量のWebページ同士で相互にリンクをすること)からの被リンク
・ツールによる自動投稿されたサイト
・リンク集のようなサイト

パンダ・アップデート

 

パンダ・アップデートとは、

コピペしたサイトやツールによる量産された

ペラサイト(ページ数が1ページしかないサイト)を検索順位から落とし、

オリジナリティとボリュームを兼ね備えた

良質なコンテンツを提供しているサイトを上位表示させるための施策です。

2011年より、1ヶ月に1回程度の頻度で実施されています。

2012年7月にようやく日本にも導入され、

主に「低品質なコンテンツが検索結果上位に表示されにくくするため」

の検索アルゴリズム・アップデートです。

パンダ・アップデートで影響を受けやすいサイト

・ツールによって量産されたサイト
・コピペによる投稿が存在するサイト
・自動投稿ツールによって投稿されたコンテンツを含むサイト
・自分のサイト内に重複コンテンツがたくさんあるサイト
・独自性や専門性が低いサイト

ホワイトハットSEO

検索エンジンのガイドラインに遵守し、

コンテンツの質を高め、

検索ユーザーにとって有益となるような

Webサイトに最適化するSEOのことを

ホワイトハットSEOと言います。

コンテンツボリュームを増やしたり、

ソーシャルメディアに共有されるようなサイトを

作っていくといった内部SEOを重視して

SEO対策を行うことがベストです。

 

ホワイトハットSEOに対して、

検索エンジンのガイドラインに違反する手法、

または、検索アルゴリズムの裏をかくような手法によって、

Webサイトの検索順位を上げようとする

SEOのことをブラックハットSEOと言います。

 

比較的新しいサイトは元々上位表示されませんから、

検索者の役に立つような質の高いサイトを作っていれば問題はありません。