この記事の所要時間: 044

バレンタインも間近にせまり、

巷では、チョコレートが至る所で売られています。

デパート、スーパー、コンビニ、などなど

どこでも見かけますね。

 

このチョコレートを犬に食べさせるてしまうと、

中毒を起こしますので注意が必要です。

チョコレートにはテオブロミンという物質が

含まれています。

このテオブロミンの半減期が、

犬では人の約3倍の時間がかかりますので、

犬にはチョコレート中毒が

発生しやすくなっています。

 

主な症状は、

嘔吐、下痢、ハアハアする呼吸、

尿量増加、排尿障害、筋肉の震え

などがあります。

最悪の場合、死に至ることもありますので、

愛犬家の方は注意してくださいね。