この記事の所要時間: 156

春の気配

こんにちは。石郷岡です。

近所では梅が綺麗に咲いています。

ちなみにこの写真は近所の梅ではありませんが(^^;)

明日17日には関東では春一番の可能性もあるそうです。

季節は着実に進んでいるようです。

 

テレビで天気予報を観ると、

早くも、花粉情報や桜開花情報が

観られますね。

すっかり、春の情報が多いですが、

まだまだ、夜から朝にかけては寒いです。

 

個人的には、

春は暖かくなるし、

色鮮やかな花が咲くので

好きなのですが、

花粉症の人にはたまらない季節でしょうね。

花粉症

日本人の花粉症の80%がスギ花粉症だそうです。

他にも、ヒノキ、シラカバ、ハンノキ、イネ科牧草などの

花粉症があります。

ほぼ一年中花粉症はあるというわけですね。

アレルギーなどの免疫学は私の専門なので、

少し詳しく説明しますと、

アレルギーはⅠ型からⅣ型アレルギーに

分類されます。

花粉症はI型アレルギーです。

最近の報告では、Ⅴ型アレルギーという概念が

提唱されたようですが、

Ⅴ型アレルギーはⅡ型アレルギーに含まれる

場合が多いそうです。

I型アレルギー

I型アレルギーは即時型アレルギーとも言われ、

15〜30分くらいの短時間で症状が出ます。

代表的疾患としては、

じんましん、アトピー性皮膚炎、食物アレルギー、

重篤なものでは、アナフィラキシーショック

などがあります。

花粉症の治療薬は、抗ヒスタミン薬が主に

使われます。

抗ヒスタミン薬の副作用として

眠気がありますが、

ドラッグストアなどで売ってる

アレグラ、アレジオンなどは、

第2世代の抗ヒスタミン薬なので、

眠気は起こりにくくなっています。

 

ちなみに、私は花粉症ではありませんが

エビ、カニアレルギーで、

触るだけで、手が赤くなります(^^;)

食べたら、どうなるのか…

アレルギーは厄介な病気ですよね。