この記事の所要時間: 321

またうつ状態に…

こんにちは、石郷岡です。

28日にまたうつ状態になってしまいました…

まだ、万全な状態ではありませんが

報告したいと思います。

 

28日のサッカーW杯アジア最終予選タイ戦について

記事にしよう思いテレビを観ていました。

前半8分、香川選手の華麗なゴール。

UAE戦と同じように早い時間での得点が、

この試合を勢いづけましたね。

前半19分、岡崎選手らしいヘディングでのゴール。

後半12分、久保選手の2試合連続ゴール。

前半は危ないシーンもありましたが、

GK川島選手の見事なセーブで失点には至りませんでした。

3-0となった上に、タイの攻撃があまり脅威ではなかったこともあり、

また、賢威を購入したことで、

SEOマニュアルを読んで毎日寝不足だったことや、

後述しますが、Facebookであることがあったりしたので、

精神的にも疲れていたので、いつのまにか寝てしまいました。

後半38分の吉田選手のゴールは見れませんでした。

起きてみたら、もう0時近くで、

また、倦怠感で体が重く感じます。

どうやらまたうつ状態になってしまったようです。

その後、29日、30日はほぼ丸一日寝ていました。

寝てたというより、何もする気が起きないし、

体が重たいので動けなかったと

言った方が良いかもしれません。

Facebookでのこと

スマホ画面

Facebookのあるグループの参加の承認が下りました。

管理者から自己紹介をしてくださいというので、

「私は元獣医師をやっていましたが、うつ病で働けません」

などど普通に自己紹介をしました。

ところが、次にそのFacebookページに来てみると、

グループに入れなくなっているではありませんか。

そのグループ内で友達になった人に聞いてみると、

以前にうつ病の人がそのグループを滅茶苦茶にしてしまったらしく、

うつ病の人はそのグループ内ではNGらしいのです。

 

私は、実社会ではうつ病のことを明かして、

痛い目にあって以来口にしないようにしています。

実際、薬を飲んでいればうつであるとは分からないと思います。

ネット社会でもうつであることが

差別されるのならどうしたら良いのでしょう?

一概にうつと言っても様々な症状があります。

私のように気分が落ち込むだけの症状もあれば、

うつ病とは違いますが、双極性障害の場合は、

落ち込む時と、ハイになる時が繰り返されます。

もしかしたら、そのグループを滅茶苦茶にしてしまった人は

双極性障害だったのかもしれません。

うつの人皆がその人のように滅茶苦茶にするとは思えません。

うつというだけでグループの参加を拒否するとは差別としか言えません。

 

Facebookでのことは考えないようにしていましたが、

やはり、頭の片隅に残っていたのでしょう。

うつ病ではない人にとってはそんなことで⁉︎と

思うかもしれませんが、

うつ病治療中の私にはもの凄いストレスで、

それが引き金になってまたうつ状態になったと考えられます。

まとめ

うつは心の風邪と言われるように

誰にでもうつになる可能性はあります。

私もうつになるなんて夢にも思っていませんでした。

うつなんてやる気のない人だろうという

ということを言っていた人もいました。

大げさかもしれませんが、実社会でも差別され、

ネット社会でも差別されたら

一体どうすれば良いのでしょうか?

うつのことをもっとたくさんの人に知ってもらいたいです。