この記事の所要時間: 158

こんにちは、石郷岡です。

昨日は色々と用事があったので、

残念ながら、試合を見ることができませんでした。

時々、スマホで試合速報を見ていましたが、

先制点を取られ0-1。

菊池のホームランで1-1。

守備のミスで1-2。

そのまま試合終了という流れは

漠然とわかっています。

ロースコアで試合が終わったということは、

投手戦だったのでしょう。

2大会連続で準決勝敗退という

結果になってしまいました。

野球のグラウンド

1次ラウンド、2次ラウンド、

どの試合も厳しい試合でしたが、

全勝で準決勝まで駒を進めてきましたから、

私は世界一奪還するのではないかと

甘い予想をしていました。

このまま全勝優勝するのではないかと。

あと2勝で優勝でしたが

非常に残念です。

負けは負けですから…

 

サッカーの場合、ホームでは有利で、

アウェーでは不利と良く言われます。

今回、1次ラウンド、2次ラウンドは

東京ドームで行われましたから

日本はホームでの戦いでした。

準決勝からは場所を移して

アメリカのドジャー・スタジアム。

アメリカにとってはホームです。

サッカーと野球では異なると思いますが、

アウェーでの初めての試合が

選手に何らかの影響を及ぼしたのかもしれませんね。

ホームだったら、アウェーの初戦じゃなかったら、

守備のミスもなかったのでは、

打線も爆発していたのでは、

などと思ってしまいます。

しかし、たらればの話をしても仕方がありません。

結果は変わりませんね。

 

WBCが野球界ではどのような位置付けに

なっているのかはわかりませんが、

サッカー日本代表のように、

W杯を常に意識して、

代表の強化をもっと

行うべきではないかと思っています。

もう一度世界一を奪取するためには、

もっと頻繁に親善試合などを行う必要が

あるのではないでしょうか。

それにしても、非常に残念な結果となってしまいました。

プエルトリコとの決勝が見てみたかったですね。