この記事の所要時間: 310

パクられてた!

変わったURLからのアクセスがあったので

なんだろう?と思い、そのサイトに訪問してみると、

なんと私が投稿した記事が無断で投稿されてるではありませんか!

しかも最近の投稿として、

本文から画像まで全てパクられていました。

その投稿の最初と最後には私のページへのリンクが

貼られてはいるものの、

なんの断りもなく記事を勝手に投稿し

また引用の表記もないとは

著作権違反以外の何物でもありません。

最新情報というところには、

私が書いた記事のタイトルがそのまま

パクられていました。

その数なんと9記事!

おそらく最初は最新情報に私の記事を丸ごと投稿して、

古くなった投稿は記事タイトルだけ残して、

元記事へのリンクとしているようです。

ということは、記事が丸ごとそのサイトに

残っている可能性があります。

私のブログがコピペサイトとしてGoogleに認識されたら

たまったものではありません!

ドクロマーク

Googleは投稿時間でどちらがコピペサイトなのか

判断するようですが、

投稿時間までほぼ同じでした。

手動でやってるとは考えられず、

何かのツールを使って投稿していると考えられます。

 

検索して調べてみると

記事の盗用の被害にあわれている方は

結構いるようです。

自分で記事を書こうともせず、

他人の記事だけでブログを続けようとするような人間は

何の価値もない人間でしょう。

そんなやり方で稼げるとでも思っているのでしょうか?

相手にするだけ時間の無駄ですが、

私のブログがスパム判定されるのだけは

避けなければなりません。

コピペ対策

ツールを使っているのであれば、

コピペ対策をしてもあまり意味はないかもしれませんが、

これからの予防策として

WordPressプラグインの

WP-Copyright-Protectionをインストールして、

このブログを不正コピーできないようにしました。

RSS対策

RSSから記事を盗用しているのであれば、

RSSの設定を全文を表示から

抜粋のみを表示に変えなければなりません。

RSSの設定

Googleへの対策

WordPressプラグインのPubSubHubbubを

インストールすればいち早くGoogleに認識されるようです。

そうすれば、こちらが元サイトであると認識されます。

 

さらに、Googleのインデックスから削除するように、

著作権侵害による削除を申請しました。

著作権侵害による削除

現在表示されている2つの記事の

URLしかわからないので、

2つのURLをインデックスから削除するように申請しました。

インデックスから削除

恐らくこの投稿もまた盗用されるでしょう。

盗用されたら、またGoogleに申請しなくてはなりません。

まとめ

web上では当たり前のように

記事の盗用は起きているようです。

盗用されないためにも、

コピペ対策、RSS対策はした方が良いと思います。

もし、盗用が見つかったら

すぐにGoogleに報告することをお勧めします。

 

今回見つけたサイトは、

守銭奴の集いというサイトです。

著作権の侵害には

10年以下の懲役または1000万円以下の罰金

という罰則があることを知っているのでしょうか?