この記事の所要時間: 331

Ptengine

ヒートマップ機能もついたアクセス解析ツールのPtengineは、

通常版とWordPress版の2種類があります。

ここではWordPress版のプラグイン導入方法と、

私が使えると思った機能の説明をします。

Ptengineプラグインのインストール

ダッシュボードのプラグインの新規追加から、

Ptengineで検索します。

Ptengine

今すぐインストールをクリックします。

 

Ptengine

有効化をクリックします。

プラグインを有効化すると、

ダッシュボードのメニューに

Ptengineという項目が表示されるようになります。

Ptengineの使い方

Ptengineの項目からData Centerをクリックすると、

Ptengineの使い方

上のような画面が表示されますので、

メールアドレスとパスワードを

入力して、設定をします。

設定が終わると、

Ptengineの使い方

プロファイルの作成が完了しましたと表示され、

WordPress版を使うをクリックします。

Ptengineの使い方

このような画面が表示されたら、

Ptengineプラグインのインストールは完了です。

Ptengineの機能

しばらく経ってデータが集まると、

先ほどの画面にアクセスのデータが表示されるようになります。

Ptengineの機能

ここからは私の主観で、

使えると思った機能を紹介します。

まず、以前に紹介しました

Jetpackのサイト統計情報より

詳しいアクセスの統計を知ることができます。

中でも、新規率、再訪問率、直帰率は知ることができるのは、

このプラグインの良いところですね。

新規の方がどのくらいいて、

再訪問してくれた人がどのくらいいるのか、

直帰した人はどのくらいいるのかを

知ることで、特に直帰率が高いと、

まだまだ、コンテンツが魅力的ではないとか、

ライティングをもう少し勉強しないと

とブログの改善点を考えることができると思います。

 

このPtengineをインストールしてみて、

初めてスマートフォンやタブレットからも

意外とアクセスがあるということを知りました。

Ptengineの機能

あと、意外とMacユーザーが多いということも

わかりましたね。

 

Ptengineの機能

地域の統計はどうなんでしょうかね…

私はそれほど役に立たないように思いますが…

まあ、色々な都道府県からのアクセスがあると

前向きに捉えた方が良いですよね。

ちなみに、海外からのアクセスがあると、

その国の都市名が表示されます。

Ptengineの機能

 

画面の上の方にある

Ptengineの機能

緑色の文字のPtengineへをクリックすると、

別画面が開いて、プロファイルを選択し、

ヒートマップから、ヒートマップ設定画面へをクリックして

Ptengineの機能

ヒートマップの追加から、

Ptengineの機能

ヒートマップを見たいURLを入力します。

自分のブログのメインページがベストですよね。

翌日からヒートマップの測定が開始されます。

こんな感じでヒートマップを見ることができます。

Ptengineの機能

実際にどこをどのくらいクリックしているのか

直感的にわかりますね。

%で表示されているのが、

スクロール到達率で、

どこまでスクロールされているのが

わかります。

予想通り、ページの下の方はほとんど見られていません。

Ptengineの機能

まとめ

このように、Ptengineはヒートマップを見ることもできますし、

より詳細なアクセス解析ができますので、

ブログの改善点を考えるきっかけになるようなプラグインだと思います。

Ptengineを利用して、より良いブログにしていきましょう!